Vol. 296

甲府盆地では7月16日に平年より早く梅雨明けした後は暑い日が続いています。勝沼の最高気温が連日日本一になるなど今年も猛暑となりそうです。梅雨期は6月下旬から雨や曇の日が多くなり、7月上旬は日照が殆ど無い日が一週間程続き、ぶどうの生育への影響が心配されました。しかし今年は例年悩まされるベト病の発生は殆ど見られず日照不足の影響も最小限にとどまったのではないかと思います。
開花期の天候も良かったことから結実もほぼ良好。生育は全般に早く早い品種から色づきも始まっています。これからは成熟の最終段階。最後まで気は抜けませんが充実した収穫にたどり着けるようもう一息といったところです。