Vol. 293

3月になり朝の冷え込みを感じることはあるものの、日中は春を思わせる日差しをあびることも多くなってきました。この暖かさで桜の開花も早まり、甲府盆地では3月18日に開花したと発表されました。ほぼ史上最速日と同じでここ数年の季節の漸進傾向がはっきりと感じられます。学校の入学式や、この地域の大切なお祭り、4月12日の武田信玄公忌に桜が咲きそろったのはもう昔話になりつつあります。
ぶどう園では結果母枝の誘引作業や休眠期の防除を終え、来月の萌芽を待つばかりとなりました。ここ数年天候不順に悩まされる年が続いており、今年の生育期は穏和な天候になるよう祈るばかりです。