Vol. 289

9月から始まった今年の収穫・仕込み作業も全て終え、ワイナリーには静けさが戻ってきています。10月は台風14号の影響で7日から11日まで大雨となり、平年の10月一ヶ月分を超えるような雨となりました。農家からのぶどうの受け入れは全て終わっていましたが、自家農園の甲州だけは収穫の前倒しができずに台風をやり過ごしてからの収穫となりました。幸い直接的な被害はありませんでしたが果汁糖度の低下などの影響が見られました。
全般的に厳しい条件となった2020ビンテージは予定数量の6割ほどと、過去に経験したことが無いようなビンテージになりました。例年と勝手が違うことが多くありましたがこれからの管理もしっかり取り組んでいきたいと思っています。