Vol. 267

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。昨年は日本各地で大きな自然災害が相次ぎました。尊い命が失われたり日常生活の基盤を失った方も多く、改めて自然の恐ろしさを痛感する年でした。ぶどう栽培に関わる気候も夏の高温や秋の多雨など極端に振れ、何かと思うように行かないことも多くありました。気候変動などが叫ばれてはいますが、人間の力ではどうすることも出来ない部分が多いこともまた実感させられます。
新しい年はどのような年になるでしょうか。願わくば自然も社会も平穏に過ぎていって欲しいところですが、どんな状況になっても平常心でワイン造りを進めていきたいものです。