Vol. 234

甲府盆地では3月23日に平年より4日早く桜が開花したと発表されました。いよいよ本格的な春の到来です。3月は温かい日もありましたが、雪が舞う冬に逆戻りしたような日もあり季節は一進一退でした。結局は桜の開花もほぼ平年並みとなりましたが、その後も朝晩冷え込むような日もあり、桜の花は長持ちしそうです。
ワイナリーでは昨年のワインのろ過やビン充填の作業を進めながら、畑では春を迎える準備を進めています。今月の中旬頃にはぶどうの萌芽が始まり、いよいよ畑仕事のシーズンになります。

暖かい日にはツルの切り口から樹液が滴り落ちます。(甲州種:撮影3月20日)

下草も春の草が目立つようになって来ました。(撮影:3月20日)