Vol. 225

5月に入りぶどうは初夏の日差しの元、ぐんぐんと生育しています。今年の5月は全般に気温が高く晴天の日が多くなりました。平均気温も高め、降水量は平年の半分程度で日照時間は平年より長くなりました。畑は乾燥した状態が続いています。
高い気温のお陰でぶどうの開花も早まりました。例年6月になってからの甲州種の開花も5月下旬には始まり、5月中に全ての品種で満開状態になったようです。おそらく結実も良好となるのではと思います。新梢の伸長も抑制気味で目立った病害の発生もみられず、まずまず順調といえるのではないでしょうか。6月には雨の季節に入ります。まだまだ気の抜けない日が続きます。

甲州種が5月中に開花するのは珍しいと思います。(撮影:5月29日)

ブラッククイーンの花のキャップは中央が赤みを帯びています。(撮影:5月29日)

棚面も葉で覆い尽くされるようになってきました。(撮影:5月29日)