Vol. 206

暑かった夏も遠い昔、日に日に秋を感じるようになってきました。今年の9月は日照時間が長く例年にない好天に恵まれ、ぶどうの状態も概ね良好のまま醸造期に入りました。中旬に接近した台風18号は山梨をかすめて北上し非常に強い雨が降り一部の品種で裂果が発生しました。しかし大きな被害は免れどうにかやり過ごすことが出来ました。
10月に入りいよいよ終盤、甲州種の仕込みに入ります。秋らしく周期的に天候が変わるようになって来ましたが、少しでも良い状態でぶどうが収穫できるようにしっかりと取り組んでいきたいと思います。

収穫直前のシャルドネ。昨年より糖度は高くなっていました。(撮影:9月3日)

自家農園の甲州種も10日頃には収穫となります。(撮影9月27日)