Vol. 198

今年の冬は寒い、という声をよく聞きます。甲府盆地でも連日氷点下の冷え込み、日中も冷たく外で作業をしていると体がすっかり冷えてしまうことが多かったようです。乾燥した日が続いていましたが1月14日には雪が降り畑での剪定作業もしばらくお預けとなりました。
剪定やその片付けの作業と平行して、冷たい工場の中では昨年のワインの澱引きやろ過の作業を始めています。畑では今年のぶどうのシーズンを迎える準備、工場では昨年のワインの仕上げ、といったところです。
月が変わりさすがに冷え込みが緩む日もあり、ほんのすこしではありますが春の予感がただよって来ました。