Vol.183

いよいよ今年も収穫のシーズン。仕込み作業も中盤を迎えています。9月に入るとまず台風12号がやってきました。収穫直前のシャルドネにとっては望ましくない豪雨でしたが、幸い収穫を失うような影響はなく、9月5日に無事収穫することができました。しかし、ブラッククイーンやプチベルドなど裂果しやすい品種は雨の影響を受けてしまいました。以降は安定した天候が続き、メルロー、ブラッククイーンなどの収穫に進んで行きました。そして下旬には台風15号がまたもや大雨をもたらしました。2つの台風がそれぞれ200ミリ程度、合計で400ミリを超える降水量となりました。
豪雨には悩まされましたが、猛暑の恩恵もありぶどうの糖度も平年並みか高めとなっており、大きな災害を受けずに収穫期を迎えることが出来たことに感謝しています。
10月はいよいよ甲州種の収穫です。昨年はベト病に泣かされましたが、今のところ甲州種の状態はまずまずです。もうひと踏ん張りして今年の仕込みを全うしたいと思っています。


メルローは糖度も高めでまずまずの着色でした。(9月12日撮影)