Vol.165

4月を迎え、様々な花が咲き乱れる季節となりました。甲府では3月20日に桜が開花したと発表されました。しかし3月下旬は気温が低めとなり、冬に戻ったかのような寒い朝もありました。特に30日の朝は氷点下の冷え込みとなり、すでに開花していたスモモなどでは花が凍みて茶色く変色してしまい、結実への影響が心配されています。寒さのお陰か桜の花も長持ちで、4月5日頃が見頃となっていました。

さて、ワイナリーの中では昨年のワインの充填作業が大詰めを迎えています。ワイン造りの仕上げとなる作業で、機械化されている仕事とはいえ非常に気を使う作業です。今月中旬頃までにはすべての作業を終え、いよいよ畑仕事のシーズンが始まります。

春の草も元気よく生えてきました(甲州種:4月8日撮影)

もうすぐ芽吹きです(シャルドネ:4月8日撮影)