Vol.164

今年も2月はあっという間に過ぎさってしまいました。
乾燥した晴天が続いた1月からはうって変わって天候が崩れる日が多く、
甲府盆地でも何度か積雪がありました。
しかし雪国のようにしんしんと積もることはなく、うっすらとした雪化粧が天候の回復と共に
あっという間に消えてしまう程度でした。
真冬のような寒 さの日もありましたが少しずつ冷え込みもゆるみ、
梅の花と共に春を予感させられる季節となりました。
ワイナリーでは例年通りスパークリグワインのデゴルジュマンの作業や
他のワインのろ過や充填作業の準備に追われています。
比較的世間が静かなこの時期も意外と仕事が多く、
「春」から逆算して仕事の段取りに頭を悩ます毎日です。