Vol. 283

今年の冬は暖冬傾向でしたが、3月下旬から4月にかけて気温の低い日もあり、季節の進み方はゆっくりとしたものになりました。甲府での桜の開花は3月22日と平年より早くなりましたが満開日はほぼ平年並みとなりました。ぶどうの萌芽、生育も早まるのではと危惧していましたが萌芽の時期はほぼ平年並みかやや遅く感じ、その後の進行も乾燥状態もあってかゆっくりしたものでした。
5月に入ると夏のような気温になる日もありぶどうの生育もそのスピードを上げてきています。これからはぶどう園での仕事も待ったなしの時期になります。今年も平穏な生育期となるよう祈るばかりです。